Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

新しいボリュームへのバックアップのリストア

ブロック・ボリュームを使用して、ボリュームのバックアップを新しいボリュームとしてリストアできます。

増分バックアップまたは完全ボリューム・バックアップのいずれかからボリュームをリストアできます。両方のバックアップ・タイプを使用して、バックアップ時に完全なボリューム・コンテンツをボリュームのポイントインタイム・スナップショットにリストアできます。最初の完全バックアップまたは後続の増分バックアップをバックアップ・チェーンに保持してそれらを順番にリストアする必要はなく、必要な回数取得したバックアップを保持するだけで十分です。完全および増分バックアップ・タイプの詳細は、ボリューム・バックアップ・タイプを参照してください。

警告

Oracle Cloud Infrastructureコンソール、APIまたはCLIを使用して、クラウド・リソースに説明、タグまたはわかりやすい名前を割り当てる場合、機密情報を入力することは避けてください。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が記述するポリシー で、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどれを使用しているかにかかわらず、必要なアクセスのタイプを付与されている必要があります。アクションを実行しようとしたときに、権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを管理者に確認してください。

管理者用: ボリューム管理者がブロック・ボリューム、バックアップおよびボリューム・グループを管理するのポリシーを使用すると、指定したグループはブロック・ボリュームおよびバックアップに関するすべての操作を実行できます。

ヒント

ユーザーがボリュームからバックアップを作成する場合や、バックアップからボリュームをリストアする場合、ボリュームとバックアップが同じコンパートメント内に存在している必要はありません。ただし、ユーザーが両方のコンパートメントへのアクセス権を持っている必要があります。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワークまたは他のCore Services APIリソースのポリシーの記述に関する参照資料については、Core Servicesの詳細を参照してください。

コンソールの使用

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「ブロック・ストレージ」で、「ブロック・ボリューム・バックアップ」をクリックします。

    表示しているコンパートメント内のブロック・ボリューム・バックアップのリストが表示されます。探しているものが表示されない場合は、正しいコンパートメントを表示していることを確認します(ページの左側のリストから選択します)。

  2. リストアするブロック・ボリューム・バックアップの「アクション」アイコン(3つのドット)をクリックします。
  3. 「ブロック・ボリュームの作成」をクリックします。
  4. ブロック・ボリュームの名前を入力し、リストア先の可用性ドメインを選択します。
  5. ブロック・ボリューム・バックアップを、より大きなボリューム・サイズにリストアできます。これを行うには、「カスタム・ブロック・ボリューム・サイズ(GB)」を選択し、新しいサイズを指定します。ボリュームのサイズを大きくすることはできますが、小さくすることはできません。ブロック・ボリューム・バックアップをより大きなサイズのボリュームにリストアする場合は、ボリュームのパーティションを拡張する必要があります。詳細は、ブロック・ボリュームのパーティションの拡張を参照してください。

  6. オプションで、要件に適したバックアップ・ポリシーを選択できます。バックアップ・ポリシーの詳細は、ポリシーベースのバックアップを参照してください。
  7. オプションで、独自のボールト暗号化キーを使用して、このボリューム内のデータを暗号化できます。暗号化のニーズに応じてボールトを使用するには、ボールトを使用した暗号化チェック・ボックスを選択します。次に、使用するマスター暗号化キーが格納された「ボールト・コンパートメント」および「ボールト」を選択します。また、「マスター暗号化キー・コンパートメント」および「マスター暗号化キー」も選択します。暗号化の詳細は、ボールトの概要を参照してください。

  8. オプションで、タグを適用できます。リソースの作成権限がある場合、そのリソースにフリーフォーム・タグを適用する権限もあります。定義済のタグを適用するには、タグ・ネームスペースを使用する権限が必要です。タグ付けの詳細は、リソース・タグを参照してください。タグを適用すべきかわからない場合は、このオプションをスキップするか(後でタグを適用できます)、管理者に問い合せてください。
  9. 「作成」をクリックします。

    ボリューム・リストで対応するアイコンに「プロビジョニング中」と表示されなくなったら、ボリュームはアタッチ可能になっています。詳細は、ボリュームのアタッチを参照してください。

警告

元のボリュームがアタッチされたリストア済ボリュームをアタッチしようとする場合、一部のオペレーティング・システムでは同一ボリュームをリストアできないことに注意してください。これを解決するには、ボリュームをリストアする前にパーティションIDを変更する必要があります。オペレーティング・システムのパーティションIDを変更する方法は、オペレーティング・システムによって異なります。手順については、オペレーティング・システムのドキュメントを参照してください。

APIの使用

バックアップのリストアに使用するAPIは、CreateVolumeです。このAPIにはオプションのvolumeBackupIdパラメータがあり、これを使用すると、新しく作成したボリュームにリストアする必要のあるデータが含まれるバックアップを定義できます。詳細は、CreateVolumeDetailsのリファレンスを参照してください。

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

バックアップの詳細は、ブロック・ボリューム・バックアップの概要およびボリュームのバックアップを参照してください。