ブート・ボリュームのパーティションの拡張

Oracle提供のイメージまたはカスタム・イメージに基づいて新しい仮想マシン(VM)インスタンスまたはベア・メタル・インスタンスを作成するときには、カスタム・ブート・ボリューム・サイズを指定するオプションがあります。既存のインスタンスのブート・ボリュームのサイズを拡大することもできます。詳細は、ボリュームのサイズ変更を参照してください。より大きなサイズを利用するためには、ブート・ボリュームのパーティションを拡張する必要があります。ブロック・ボリュームについては、「ブロック・ボリュームのパーティションの拡張」を参照してください。

ノート ブート・ボリュームのサイズ変更が完了したら、サイズ変更したブート・ボリュームに対する最初のバックアップが完全バックアップになります。

完全ブート・ボリューム・バックアップと増分ブート・ボリューム・バックアップの詳細は、ブート・ボリューム・バックアップ・タイプを参照してください。

必須IAMポリシー

インスタンスのパーティションを拡張する際に、特定のIAMポリシーは必要ありません。ただし、インスタンスのゲストOSで必要なコマンドを実行する権限が必要となる場合があります。詳細は、システム管理者に問い合せてください。

Linuxベース・イメージでのルート・パーティションの拡張

Linuxベース・イメージを実行しているインスタンスの場合は、ルート・パーティションを拡張してから、ファイル・システムを拡大する必要があります。

Linuxパーティションの拡張

パーティションを拡張するには、次の手順を実行します。

ルート・パーティションの拡張
  1. 次のコマンドを実行して、partedによりボリュームのパーティション表を編集します:

    parted <volume_id>

    <volume_id>は、ルート・ボリュームのボリューム識別子です。

  2. partedを実行すると、次のエラー・メッセージが表示される場合があります:

    Warning: Not all of the space available to <volume_id> appears to be used, 
    you can fix the GPT to use all of the space (an extra volume_size blocks) 
    or continue with the current setting?

    この場合、エラーを修正するか、エラーを無視して現在の設定で続行するかを確認するプロンプトが表示されます。エラーを修正するオプションを指定します。

  3. ボリュームの正確な開始位置がわかるように、次のコマンドを実行して、表示単位をセクターに変更します:

    (parted) unit s
  4. 次のコマンドを実行して、パーティション表内の現在のパーティションを表示します:

    (parted) print

    ルート・パーティションの「数値」列、「開始」列および「ファイル・システム」列の値をメモします。

  5. 次のコマンドを実行して、既存のルート・パーティションを除去します:

    (parted) rm <partition_number>

    <partition_number>は、「数値」列の値です。

  6. 次のコマンドを実行して、パーティションを再作成します:

    (parted) mkpart

    Start?プロンプトで、「開始」列の値を指定します。File system type?プロンプトで、「ファイル・システム」列の値を指定します。End?プロンプトで、100%を指定します。

  7. 次のコマンドを実行して、partedを終了します:

    (parted) quit

    このコマンドにより、パーティション表が、指定した新しいパーティション設定で強制的にリライトされます。

  8. ルート・パーティションが拡張されたことを確認するために、次のコマンドを実行して、アタッチされているブロック・ボリュームをリストします:

    lsblk

ルート・パーティションを拡張した後は、ファイル・システムを拡大する必要があります。次の手順に示すステップは、xfsファイル・システムにのみ適用されます。

ルート・パーティションのファイル・システムの拡大
  1. ファイル・システムを拡大する前に、次のコマンドを実行して、拡張されたパーティションでのファイル・システムの問題を修復します。

    xfs_repair <partition_id>

    <partition_id>はパーティション識別子(/dev/sdc3など)です。詳細は、XFSファイル・システムのチェックおよび修復を参照してください。

  2. 修復する問題がもうないことを確認した後、xfs_growfsを実行するマウント・ポイントを作成する必要があります。これを行うには、次のコマンドを実行して、ディレクトリを作成し、そのディレクトリにパーティションをマウントします:

    mkdir <directory_name>
    mount <partition_id> <directory_name> -o nouuid

    <partition_id>はパーティション識別子(/dev/sdc3など)で、<directory_name>は作成してマウントするディレクトリです。

  3. マウント・ポイントを作成した後、次のコマンドを実行して、ファイル・システムを拡大します:

    xfs_growfs -d <directory_name>

    <directory_name>は、前のステップで作成したディレクトリの名前です。

  4. ファイル・システム・サイズが正しいことを確認するために、次のコマンドを実行して、ファイル・システムの詳細を表示します:

    df -lh
  5. ファイル・システムのサイズが正しいことを確認したら、次のコマンドを実行して、パーティションをアンマウントします:

    umount <partition_id>

Windowsベース・イメージでのシステム・パーティションの拡張

Windowsベース・イメージでは、Windowsインタフェースを使用して、またはコマンドラインからDISKPARTユーティリティを使用して、パーティションを拡張できます。

Windows Server 2012以降のバージョン

Windows Server 2012、Windows Server 2016またはWindows Server 2019を実行しているインスタンスでシステム・パーティションを拡張するステップは同じで、次の手順で説明します。

Windowsインタフェースを使用したシステム・パーティションの拡張
  1. インスタンスで「ディスクの管理」システム・ユーティリティを開きます。

  2. ブート・ボリュームを右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択します。

  3. 「ボリュームの拡張ウィザード」の手順に従います:

    1. 拡張するディスクを選択し、サイズを入力して「次へ」をクリックします。

    2. ディスクとサイズの設定が正しいことを確認し、「完了」をクリックします。

  4. 「ディスクの管理」でブート・ボリュームのシステム・ディスクが拡張されていることを確認します。

コマンドラインでDISKPARTを使用したシステム・パーティションの拡張
  1. インスタンスで管理者としてコマンド・プロンプトを開きます。

  2. 次のコマンドを実行して、DISKPARTユーティリティを起動します:

    diskpart
  3. DISKPARTプロンプトで、次のコマンドを実行して、インスタンスのボリュームを表示します:

    list volume
  4. 次のコマンドを実行して、ブート・ボリュームを選択します:

    select volume <volume_number>

    <volume_number>は、パーティションを拡張するブート・ボリュームに関連付けられた番号です。

  5. 次のコマンドを実行して、パーティションを拡張します:

    extend size=<increased_size_in_MB>

    <increased_size_in_MB>は、パーティションの拡張後のサイズ(MB)です。

    警告

    DISKPARTユーティリティを使用する場合は、現在使用可能な領域を超えてパーティションを拡張しないでください。パーティションを過度に拡張すると、データが失われる可能性があります。
  6. パーティションが拡張されたことを確認するために、次のコマンドを実行し、ブート・ボリュームのパーティションが拡張されていることを確認します:

    list volume