Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ボリュームのデタッチ

インスタンスがボリュームにアクセスする必要がなくなった場合、ボリュームのデータに影響を与えずにインスタンスからボリュームをデタッチできます。

必須IAMポリシー

Oracle Cloud Infrastructureを使用するには、管理者が記述するポリシー で、コンソールまたはSDK、CLIまたはその他のツールを使用したREST APIのどれを使用しているかにかかわらず、必要なアクセスのタイプを付与されている必要があります。アクションを実行しようとしたときに、権限がない、または認可されていないというメッセージが表示された場合は、付与されているアクセスのタイプと作業するコンパートメントを管理者に確認してください。

管理者用: ユーザーがコンピュート・インスタンスを起動するのポリシーで、既存のブロック・ボリュームをアタッチ/デタッチできることが指定されています。ボリューム管理者がブロック・ボリューム、バックアップおよびボリューム・グループを管理するのポリシーを使用すると、指定したグループはブロック・ボリュームおよびバックアップに関するすべての操作を実行できますが、インスタンスを起動することはできません。

ポリシーを初めて使用する場合は、ポリシーの開始共通ポリシーを参照してください。インスタンス、クラウド・ネットワークまたは他のCore Services APIリソースのポリシーの記述に関する参照資料については、Core Servicesの詳細を参照してください。

コンソールの使用

警告

iSCSIを使用してアタッチされたボリュームの場合、ボリュームをデタッチする前に、iscsiadmを使用して、ボリュームをアンマウントしてインスタンスから切断することをお薦めします。これを行わない場合、データが失われる可能性があります。詳細は、ボリュームからの切断を参照してください。

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「コンピュート」に移動し、「インスタンス」をクリックします。
  2. 「インスタンス」リストで、インスタンスを見つけます。その名前をクリックして、インスタンスの詳細を表示します。
  3. 「インスタンスの詳細」ページの「リソース」セクションで、「アタッチされたブロック・ボリューム」をクリックします
  4. デタッチするボリュームの横にある「デタッチ」をクリックし、プロンプトが表示されたら選択内容を確認します。

APIの使用

アタッチメントを削除するには、次の操作を使用します:

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。