Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ボリュームへの接続

ボリューム・アタッチメント・タイプとして「準仮想化」を選択してアタッチしたボリュームの場合、ボリュームのアタッチ後に追加のステップを実行する必要はありません。ボリュームは自動的に接続されます。ただし、Linuxベース・イメージの場合、インスタンスの起動時にこれらのボリュームをマウントするには、追加の構成ステップを実行する必要があります。ボリュームをアタッチしたときにデバイス・パスを指定した場合は、一貫性のあるデバイス・パスを使用したブロック・ボリュームのfstabオプションを参照してください。デバイス・パスを指定しなかった場合、またはデバイス・パスをサポートしていないイメージからインスタンスが作成された場合は、従来のfstabオプションを参照してください。

ボリューム・アタッチメント・タイプとして「iSCSI」を選択してアタッチしたボリュームの場合、ボリュームを使用可能にするために、インスタンスからボリュームを接続してマウントする必要があります。アタッチメント・タイプ・オプションの詳細は、ボリューム・アタッチメント・タイプを参照してください。ボリュームを接続するためには、まずボリュームをインスタンスにアタッチする必要があります。ボリュームのアタッチを参照してください。

iSCSIでアタッチされたボリュームへの接続

必須IAMポリシー

ボリュームをインスタンスに接続する際に、特定のIAMポリシーは必要ありません。ただし、インスタンスのゲストOSで必要なコマンドを実行する権限が必要となる場合があります。詳細は、システム管理者に問い合せてください。

前提条件

ボリュームをインスタンスのゲストOSに接続する前に、ボリュームをインスタンスにアタッチする必要があります。詳細は、ボリュームのアタッチを参照してください。

ボリュームを接続するには、次の情報が必要です:

  • iSCSI IPアドレス
  • iSCSIポート番号
  • CHAP資格証明(CHAPを有効にした場合)
  • IQN

コンソールでは、iSCSIの構成、認証、およびログオンに必要なコマンドが提供されます。

Linuxインスタンス上のボリュームへの接続
Windowsインスタンス上のボリュームへの接続