Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

ブート・ボリュームのクローニング

Oracle Cloud Infrastructure Block Volumeサービスを使用して、ブート・ボリュームからクローンを作成できます。クローニングを行うと、バックアップとリストアのプロセスを実行しなくても、既存のブート・ボリュームのコピーを作成できます。ブロック・ボリューム・サービスの詳細は、ブロック・ボリュームの概要およびブロック・ボリュームに関するFAQを参照してください。

ブート・ボリューム・クローンは、ソース・ブート・ボリュームのポイントインタイムの直接ディスク間ディープ・コピーであるため、クローンの作成時にソース・ブート・ボリュームに含まれていたすべてのデータがブート・ボリューム・クローンにコピーされます。それ以降にソース・ブート・ボリュームのデータに行われた変更は、ブート・ボリューム・クローンにコピーされません。クローンはソース・ブート・ボリュームのコピーであるため、クローンの作成時にそれより大きいボリューム・サイズを指定しないかぎり、ソース・ブート・ボリュームと同じサイズになります。

クローン操作はただちに開始され、状態が使用可能に変わったらすぐに、クローニングされたブート・ボリュームを使用できます。

ソース・ブート・ボリュームのクローニング中は、それに対する単一のポイントインタイム参照が存在するため、関連付けられたインスタンスの実行中にブート・ボリュームをクローニングする場合は、追加のクローンを作成する前に、ソースの最初のクローン操作が完了するのを待つ必要があります。また、バックアップ操作が完了するのを待つ必要もあります。

ブート・ボリュームのクローンは、同じリージョン、可用性ドメインおよびテナント内にのみ作成できます。この操作に必要なアクセス権を持っていれば、コンパートメント間でブート・ボリュームのクローンを作成できます。

警告

Oracle Cloud Infrastructureコンソール、APIまたはCLIを使用して、クラウド・リソースに説明、タグまたはわかりやすい名前を割り当てる場合、機密情報を入力することは避けてください。

ブート・ボリュームのバックアップとクローンの違い

ボリュームのバックアップかクローンのどちらを作成するか決定する際には、次の基準を考慮してください。

  ボリューム・バックアップ ボリューム・クローン
説明 ボリューム上のデータのポイントインタイム・バックアップが作成されます。将来、そのバックアップから複数の新しいボリュームをリストアできます。 バックアップとリストアのプロセスを実行しなくても、ボリュームの単一のポイントインタイム・コピーが作成されます。
ユース・ケース

後で環境を複製したり、将来使用するデータを保持できるように、データのバックアップをボリューム内に保存します。

バックアップ内のデータは時間が経っても変わらないため、コンプライアンスおよび規制の要件を満たします。

ビジネス継続性の要件をサポートします。

経時的な停止やデータ変異のリスクを軽減します。

既存の環境をすばやく複製します。たとえば、クローンを使用して、本番環境に影響を与えずに構成の変更をテストできます。

速度 低速(分または時間) 高速(秒)
コスト 低コスト 高コスト
ストレージの場所 オブジェクト・ストレージ ブロック・ボリューム
保持ポリシー ポリシーベースのバックアップには有効期限がありますが、手動バックアップには有効期限がありません。 有効期限なし
ボリューム・グループ サポートされています。ボリューム・グループをバックアップできます。 サポートされています。ボリューム・グループをクローニングできます。

ブート・ボリューム・バックアップの詳細は、ブート・ボリューム・バックアップの概要およびブート・ボリュームのバックアップを参照してください。

コンソールの使用

  1. ナビゲーション・メニューを開きます。「コア・インフラストラクチャ」で、「コンピュート」に移動し、「ブート・ボリューム」をクリックします。
  2. 「ブート・ボリューム」リストで、クローニングするブート・ボリュームをクリックします。
  3. 「リソース」で、「ブート・ボリュームのクローン」をクリックします。
  4. 「クローンの作成」をクリックします。

  5. クローンの名前を指定します。

  6. ブート・ボリュームをより大きなサイズのボリュームにクローニングする場合は、「カスタム・ブート・ボリューム・サイズ(GB)」を選択し、新しいサイズを指定します。ボリュームのサイズを大きくすることはできますが、小さくすることはできません。ブート・ボリュームをより大きなサイズのボリュームにクローニングする場合は、ボリュームのパーティションを拡張する必要があります。詳細は、ブート・ボリュームのパーティションの拡張を参照してください。

  7. 「クローンの作成」をクリックします。

「ブート・ボリューム」リストで対応するアイコンに「使用可能」と表示されたら、ブート・ボリュームは使用可能になっています。

APIの使用

APIの使用およびリクエストの署名の詳細は、REST APIおよびセキュリティ資格証明を参照してください。SDKの詳細は、ソフトウェア開発キットとコマンドライン・インタフェースを参照してください。

ブート・ボリュームからクローンを作成するには、CreateBootVolume操作を使用し、CreateBootVolumeDetailsBootVolumeSourceFromBootVolumeDetailsを指定します。

次のステップ

ブート・ボリューム・バックアップをクローニングした後は、次のことを実行できます:

  • ブート・ボリュームを使用して、インスタンスを作成します。詳細は、インスタンスの作成を参照してください。

  • ブート・ボリュームをデータ・ボリュームとしてインスタンスにアタッチします。詳細は、ボリュームのアタッチを参照してください。

インスタンスの実行中にブート・ボリューム・クローンを作成すると、クラッシュ・コンシステントなクローンが作成されます。つまり、データは、クローンが作成されたときと同じ状態になります。これは、電源喪失やハード・クラッシュが発生した場合の状態と同じです。ほとんどの場合、クローニングしたブート・ボリュームを使用してインスタンスを作成できますが、ブート可能イメージを確保するには、インスタンスからカスタム・イメージを作成する必要があります。カスタム・イメージの作成の詳細は、カスタム・イメージの管理を参照してください。