Oracle Cloud Infrastructureドキュメント

一貫性のあるデバイス・パスを使用したボリュームへの接続

Oracle Cloud Infrastructureでは、互換性のあるLinuxベース・インスタンスにアタッチされたブロック・ボリュームに対して、一貫性のあるデバイス・パスがサポートされています。ブロック・ボリュームをインスタンスにアタッチするときには、インスタンスの再起動後も一貫性を保つデバイス・パスを選択する必要があります。これにより、次のようなタスクを実行するためにボリュームを参照する場合に、一貫性のあるデバイス・パスを使用できます:

互換性のあるLinuxベース・インスタンスで一貫性のあるデバイス・パスを使用する場合、ブート・ボリュームのデバイス・パスは次のとおりです:

/dev/oracleoci/oraclevda

ノート

ブート・ボリュームをデータ・ボリュームとして2番目のインスタンスにアタッチする場合、デバイス・パスは使用できません。

一貫性のあるデバイス・パスをサポートするイメージ

次のすべてに該当する場合、インスタンスでは一貫性のあるデバイス・パスがサポートされます:

  • インスタンスがOracle提供のイメージを使用して作成されています。
  • イメージがLinuxベース・イメージです。
  • イメージが2018年11月以降にリリースされています。特定のバージョン番号については、Oracle提供のイメージのリリース・ノートを参照してください。
  • インスタンスが2019年1月11日以降に起動されています。

イメージOCIDまたは既存のブート・ボリュームを使用して起動されたインスタンスの場合、ソース・イメージで一貫性のあるデバイス・パスがサポートされていれば、そのインスタンスではデバイス・パスがサポートされます。

Linuxベースのパートナ・イメージや、他のソースから作成されたカスタム・イメージでは、一貫性のあるデバイス・パスはサポートされません。この機能は、Windowsベース・イメージには適用されません。

重要

コンソールを使用してボリュームをアタッチする場合、デバイス・パスの選択は必須です。CLI、REST APIまたはSDKを使用してボリュームをアタッチする場合、デバイス・パスの指定はオプションです。

コンソールでのデバイス・パス

デバイス・パスは、ブロック・ボリュームをインスタンスにアタッチするときに選択します。

デバイス・パスを指定すると、インスタンスの「アタッチされたブロック・ボリューム」リストの「デバイス・パス」フィールドにそのパスが表示されます。次のスクリーンショットに例を示します。

アタッチされたブロック・ボリュームのデバイス・パス・フィールド。

インスタンス上のデバイス・パス

次のサンプル・コマンドを使用して、アタッチされたボリュームに対して様々な構成タスクを実行します。一貫性のあるデバイス・パスを使用するボリュームおよび使用しないボリュームに対するコマンドを示しています。

fdiskを使用したパーティションの作成
ext3ファイル・システムの作成
/etc/fstabファイルの更新
ファイル・システムのマウント